特記事項

これまでMemory、SCSIboard、HDD、 その他周辺機器の増設は全て自分で行って来ました。リカバリーの回数は数しれず、ソフトのインストール、アンインストールも本当に数え切れない   ほどやって来ました。主要ソフトは全て最新のVer.のものを使っております。

特に Pnasonic CF-233PDC の場合は、出張保証書があるにも関わらず、東京の修理センター  にはパソコンが分かる人間がいないと言うので、マスターCD-Rを2枚かしてくれただけでした。  これで約9カ月ほど月平均 週に 1回リカバリーを行っておりました。

購入後すぐに不具合が発生サポートセンターへ問い合わせた時に、2回ともそれぞれ違う女性の方が、原因はソフトではなくハードの問題だと言って、2回目の女性の方が、修理センターへ連絡をして下さったのでしたが、それを認めてくれなかったのです。

9カ月位後に起動しなくなり修理工場に持って行きました。そしてメインボードとVGAボードの交  換をして頂きました。 それ以来リカバリーは一回も行っていないのと、トラブルが殆ど発生しませんでした。ちょうど保証期限が切れる直前に正常に使用可能となったのでした。 1年間粘り強く頑張った甲斐がありした。

しかし振り返って見ますと楽しい思い出です。これで随分勉強させて頂きました。アプリケーションソフトの数が多いので、1回リカバリーを実行すると元の状態に復旧するのに最低5〜6時間は掛かりました。

マスターCD-Rにもバグがあり、補正デスクを頂いたり、いろんなやりとりで、松下電器さんとの  サポートのFAXはA4のフアイルにギチギチ一杯になりました。

でもこのパソコンは、メーカーがマルチメデアパソコンと謳っているだけあって、とてもいいパソコンです。テレビも見る事が出来るし、文字放送も受信できるし、またカメラもついていますので、  映像の入ったチャットも可能です。

最近ようやくこの手のパソコンが出て参りましたが、本当に最先端を行くパソコンだったのです。希望小売価格40万の品がこれが何と 17万弱で買えたのはやはり何かがあった?と思っており  ますが、完全になるまで保証して下さった松下電器さんには、敬意を表しております。

でも、いまだに腑に落ちないのは保証書にはちゃんと出張修理の条項が明記されていたのに東京にはパソコンの分かる担当者がいないとのことで、家電の修理の方が取り次ぎをして下さったが、この方は誠心誠意やって下さいましたので、この方に感謝しているのですが、Panasonicのパソコンはどんなに良い製品が出ても、今後一切購入したくないというのが本音です。
<<top>>